更正や決定についてのおさらいをしたいと思います。(かといって私も税に関して詳しいわけではないんですけどね)

国民の義務である納税は自己申告なのはご存知ですよね。それと同様に、『更正』も自ら行わなくてはいけないのです。『更正』とは、納税申告書の提出があった場合には、税務調査などによって税務署長が計算などの誤りを正すという処分なんです。更正を自ら行うわけですが、それを『更正の請求』といいます。その更正の請求とは、修正申告とは逆であって、税額が減少することをいうそうです。法定申告期限から1年以内に限り、請求できるのだそう。ただしこれは、納税申告書を提出していないという場合だと5年間にさかのぼって更正の請求をすることができるのです。

そして税務署の調査によって税金額を決定することを『更正決定』というのだそうです。普通、更正というのは申告書の提出期限から3年、そして決定というのは申告書の提出期限から5年を経過した日、となっているそうで、以後は更正決定ができないことになっているのです。

ですが、これも不正行為や何らかの偽りが発覚したというような場合には、更正決定の期間は『申告書の提出期限から7年を経過した日まで』となっているのだそうです。

『決定』とは、納税申告書を提出する義務があると認められている人が、納税申告書を提出しなかった時に(できなかったという場合も同様)税務署長が当該申告書に関わる課税標準等、もしくは税額などを決めることなんですね。

Comments are closed.