決定とは、申告書を提出すべき人がその申告書を提出しなかった場合、調査などによって、その管轄の税務署長がその納付すべき税額を確定させる処分のことをいいます。そんな決定についてですが、これはもちろん申告書をキチンと提出しておけば、こういった処分はないと言うことです。

納税申告書の提出義務がある人が、もし申告書を提出しないという場合には、税務署はその調査したところによって所得金額や税額などを決定するわけですが、これは信用を失う結果となってしまいます。納税は国民の義務なのでキチンと自分で申告書を提出し、納税しましょう。また、決定またはその決定に対する更正というのは、法定申告期限から5年間行うことができるのです。できるだけ何でも自分でやって、今後は自分でできるようになるのが理想ですね。

そして更正とは、納税者が提出した申告書につき、税額などがその管轄の税務署が調査したところと異なっている場合に、税務署長がその税額などを増額したり減額させる処分のことをいいます。

そして更正の請求についてですが、提出した申告書に記入した税額などが、国税に関する法律の規定に従っていなかったという場合や、その計算に間違いがあったことによって、「納付すべき税額が過大である場合」、「欠損金額が過少又は記載がなかった場合」、そして「還付金額が過少又は記載がなかった場合」、これらのいずれかに該当する場合に、法定申告期限から1年以内に限っては更正の請求ができるということです。ただ、申告期限が延長されている場合にはその提出期限となります。

Comments are closed.