おさらい

何かしら決定しなくてはいけない時がありますよね。どういったことにおいても決定しないと何にもできません。

納税に関することも同じで、ここでも紹介してきているように「更正」と「決定」という言葉があります。

納税に関することと言えば更正とは申告したある内容にもし税法に違反しているなどということが税務署の調査によって発覚した場合、もしくは計算間違いなどが見つかった場合に、“税務署”が正しい税額に是正することを言っています。

そして決定とは納税の為の申告書を提出する義務があるとされている人が、その納税申告書を提出できなかった場合、もしくは提出する意思もなく実際に提出してない場合などにかわって、税務署長が税額を決めることを言います。

前からも何度か紹介していますが、更正には再更正という言葉があります。その名の通り、複数回行われている場合だとか、2回目以降の決定などの後にもう一度行われた場合の呼び方です。

決定されているにも関わらず再び直すということ自体あまりなさそうに思うのですが、どうなのでしょうか?皆さんも周りに決定された人などいますか?ちなみに更正には「減額更正」と「増額更正」との両方があります。

ですがそもそも最初から決定などされないのが1番いいことですよね。申告書をしっかり提出しなければいけないのであれば、それを提出するべきですし、提出する前にしっかり計算間違いなどがないか確認しておくことも、もちろん大事です。

間違いがあればまた直したり決定を言い渡されたりしてしまうので、キチンと自分自身のことなのですから、確認しておくことが大事です。

Comments are closed.