決定するという言葉を聞き、どんなことを考えますか?

私の「決定」に対するイメージはといいますと、「後戻りできない」とか、「変更が効かない」というイメージがあります。自分で決定するのと、人に決定されるのだと、やっぱり自分で決める方が納得がいきやすい場合が多く、それは税金に関しても同じことが言えるかと思います。

日本では自分で申告をして、自分で納税する額を正しく割り出して決定した上で納税するという方法をとっていますよね。もちろん自分でやるからといって、納税する金額を自分で決定できるわけではありませんが、法則にのっとって自分で計算して正しく納税するやり方が当たり前となっています。

ですがこの肝心な申告を自分できちんと行っていないとなれば、お上の方から決定が下ります。「あなたはこれだけ分しっかりと納めなさいよ」と言われるわけですね。そうなると、その決定された税額を確実に納めなくてはいけないことになります。もちろんその場合に不服があるようであれば更正を求めることも可能なのですが、ほとんどの場合は印象がよくないと判断されてしまいますし、それ以前に「じゃ自分で申告して納めなさいよ」と言われてしまえば返す言葉もありませんからね。

とにかく人に決定されることが嫌なのであれば、自らキチンとした内容で申告し、納税することが大事です。かなり面倒ではありますが、みんなやっていることですし、これも仕事の一環だと思ってこなすことが大事ですよ。

Comments are closed.