更正と決定について色々と書いてきましたが、例えば申告に誤りがあった場合だとか、申告内容にどこか漏れがあったなどというケースにおいて、更正・決定という手続きだったり、更正の請求だったり、修正申告だったり、更正の請求というものがあるわけですよね。

でもこれらはみんな同じようなものだと思おいがちなのですが、実は更正の請求と修正申告の場合は私達“納税者”が自ら行う方法なのです。前からも言っている内容ですが、それに対してこれらは国税局や税務署などといった“課税庁”が行う方法。

こういった違いがあるんですね。知っていましたか?

更正とは、国税局や税務署などといった課税庁が申告書を確認した上で、税金などが過大であった場合(もしくは過小であった場合)に、本来の正当な額に直す手続きのことを「更正」言うのです。

この更正も少し違いがあり、私達納税者にとって有利な結果となる減額更正というものと、私達納税者にとって不利となる増額更正と言うものなどに分けられるのだそうです。

また、この更正というのは“法定期限内”であれば何回でもすることができるのですが、1番肇に行ったものを「当初更正」、そしてその最初に行ったものをまた変更したり、決定されるという場合は、「再更正」と呼ぶのだそうです。

そして決定についてですが、決定というのは前にも紹介していますが、申告しなければいけない義務のある人が、もし“申告期限内”に申告できなかった(しなかった)場合において、国税局や税務署などが独自の調査によって、納税者の納めるべき税金の額を決定することをいうのです。

Comments are closed.