更正と決定についての話をしてきましたが、できる限りこういった両方のことなど(決定処分など)を受けることは避けた方がいいですよね。

キチンと申告しなかったばっかりに、本来なら払う必要がない無駄な税金を納めなければいけなくなるわけですから、自分が悪いにしても、なんとなくい納得いきませんよね。日々一生懸命節税している場合だと、尚更そう思ってしまうことでしょう。

こういった手続きをするということは、自分が申告した内容(税額が本来よりも過小だったり過大だったりした場合)に誤りがあるから、そういった手続きを行わなければいけなくなるわけで、そして決定処分がおりるということに関しても、自分がやるべきことをキチンとしなかったからそうなるわけなので、断然自分が悪いわけですが・・・(笑)

できるだけ無駄な出費を抑えて、日々の節税を頑張りたい!というのなら、努力することを辞めないことでしょうかね。後回しにできそうな面倒なことは、ついつい後回しにしたまま忘れてしまうことも多いわけですから、こういった後回しにしてしまう習慣を正すことから心がけなくてはいけないのかもしれませんね。

税金に関することだけに限らず、いろいろな日常においてもそういうものですが、最近自分も「当たり前の努力」を怠っている気がするので、これを機会に改めようかなと思います・・・。

更正と決定についていろいろ書いてきましたが、できるだけ両方ともしないに越したことないですよね。内容を何度も確認して気をつけたいものです。

Comments are closed.