Archive for the '更正とは?' Category

更正・決定って?

更正や決定についてのおさらいをしたいと思います。(かといって私も税に関して詳しいわけではないんですけどね)
国民の義務である納税は自己申告なのはご存知ですよね。それと同様に、『更正』も自ら行わなくてはいけないのです。『更正』とは、納税申告書の提出があった場合には、税務調査などによって税務署長が計算などの誤りを正すという処分なんです。更正を自ら行うわけですが、それを『更正の請求』といいます。その更正の請求とは、修正申告とは逆であって、税額が減少することをいうそうです。法定申告期限から1年以内に限り、請求できるのだそう。ただしこれは、納税申告書を提出していないという場合だと5年間にさかのぼって更正の請求をすることができるのです。
そして税務署の調査によって税金額を決定することを『更正決定』というのだそうです。普通、更正というのは申告書の提出期限から3年、そして決定というのは申告書の提出期限から5年を経過した日、となっているそうで、以後は更正決定ができないことになっているのです。
ですが、これも不正行為や何らかの偽りが発覚したというような場合には、更正決定の期間は『申告書の提出期限から7年を経過した日まで』となっているのだそうです。
『決定』とは、納税申告書を提出する義務があると認められている人が、納税申告書を提出しなかった時に(できなかったという場合も同様)税務署長が当該申告書に関わる課税標準等、もしくは税額などを決めることなんですね。

更正と決定

更正と決定について。
まずは更正の話。
申告納税制度というのは、納税者の申告によって税額が確定することを原則としています。
でも、確定申告書の所得金額や税額計算が間違っていたり、
税務署の調査したところと異なっていたときは、更正が行われますね。
更正には、税額の増加など納税者に不利になる増額更正と、納税者に有利になる減額更正があり、
更正をした場合は、更正をした所得金額などを納税者に通知することになっているらしいです。
※青色申告書を提出する人について。その申告書や添付書類で判明する事項を除いて、
その申告に関する帳簿書類を調査して、その所得の計算に誤りがあると認められる場合に限り、
更正することができ、更正通知書には更正の理由を記載しなければならないみたいです。
そして決定について。
確定申告書を提出する義務がある人が、申告書を提出しなかった場合。
税務署は調査したところにより所得金額および税額を決定します。
決定した場合には、決定をした所得金額などを納税者に通知することになっていますね。
通常の場合は、更正は申告書の提出期限から3年、決定は申告書の提出期限から5年を経過した日
以後は出来ないことになっていますが、偽りその他不正の行為があった場合には、
更正決定の期間は申告書の提出期限から7年を経過した日までとなっているみたいです。
この更正や決定の処分について不服がある場合は、不服の申立てをすることができます。
この場合、原則として更正や決定の通知書の日付の翌日から1ヶ月以内に追加税額と、
賦課決定された加算税、延滞税を納付しなければいけませんけどね。
何にしても更正しなくてはいけなくなった場合などには必ず追加して課税されますから
更正や修正などは、できるだけしないにこしたことないので、何事も正確にしっかりとできるのが理想ですね。

更正・色々話

更正のことについて色々な話をしてきましたが、更正は大切なことだということはおわかりいただけましたか?私も税の更正については全く無知だったのが、少しずつ調べていくうちに何となくではありますが、わかってきました。
つくづく税にまつわる事は難しいことが多いですね。でも私でもちょっとずつではありますが理解することができるようになってきましたから、皆さんも興味を持ったことは根気よく調べてみてください。思いもよらなかった発見や生活に役立つ事を見つけられるかもしれませんよ。
更正という言葉は文字通り、改めて正しくすること。税に関しては適当になんてことは絶対ありえません。そこで必ず修正や更正が必要になってきます。更正という言葉は使わなくても誰もが一度は更生したことあるのでは?毎日の中でも更正はあちらこちらに顔を出していますよね。
更正決定とは民事訴訟法で、納税義務者の申告に間違いがあった場合に税務署長が訂正を加えることで。間違いを自分以外の人が手を加えて正しくするわけです。自己申告が基本なのだから出来れば更正することなく正しい納税を毎年行いたいものですね。
更正よりももっと身近にあるのが「決定」。私たちは日々色々なことに対して決定事項があります。決定を間違ったものにしてしまうと、その後飛んでもない目にあったりしますもんね。決定する前によく考慮することが大事ですね。結果もですがプロセスも重要。決定にも色々程度はありますが、人生を左右するような決定は慎重に!

更正とは?

「更正」と聞くと何を思い浮かべますか?
やんちゃだった男の子が立派に立ち直るのが私は目に浮かびました。
更正は納税に関する事にも使われています。
確定申告をしたけど、それが事実と違っていた場合・・・
もちろんそのままって事はなく、必ず正しく納税が行われるような制度があります。「更正」はその中の一つです。
ではそれを「決定」するとはどういうことなのか??
そちらは次回にでも。。
皆さんご存知のとおり申告納税制度を日本では施行しています。納税者の申告によって税額が確定することを原則としています。だからなのか確定申告書の税額計算が間違っていたりすることもあります。(毎月の給与計算のときに源泉所得税の方法を一般的にとっているため普通の会社員は確定申告には縁ないかも)
それで税務署の調査と異なっているときは「更正」が行われます。
普段は聞いたことのないような更正。
その更正についての色々を少しずつ調べていきたいと思います。